ボタンインコとFC東京のこと

ボタンインコのレールとFC東京のことをユルく^^;

満2歳❓

f:id:sokotokyo:20190214202614j:image

 ↑コイツがウチに来たのが2年前の4月30日。

某ペットショップで出会ったときに、大体生後2ヶ月と言われたので、生まれた月は2月と思われる。

なので、たぶん満2歳かと😊

 

トリ「ペットショップでキサマと出会ったときに、イヤだったから逃げようと思って飛んだけど、羽根を切られていたから、上手く逃げらなかったょ💦」

 

飼い主「店頭デビューしたその日にワシに出会ってしまった運命を呪うのだ😁」

 

トリ「腐れ縁か😱」

 

飼い主「腐れ縁だ😁」

三連休☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

f:id:sokotokyo:20190210112708j:image

久しぶりの、三連休フリー☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆のんびり過ごす時間は必要だ。

 

トリ「昼間っから酒食らってんじゃねーよ」

飼い主「たまにはいーだろ( ̄Д ̄)」

トリ「たまにじゃねーだろ」

飼い主「ぐぬぬ(ー ー;)」

 

明日は、まっとうに過ごすよ( ̄◇ ̄;)

 

 

 

ごはん^^;

f:id:sokotokyo:20190207204543j:imageとりバード「食事中くらい、ほっとけ(´Д` )」

飼い主「すまんな」

とりバード「オマエ、なんでブログでオレのことあげてるんや(´Д` )」

飼い主「なんでだろ^^;あえて言えば、キサマの存在を世の中に伝えたいだけや」

とりバード「ふーん、なんか知らんけど、ご苦労なこった」

飼い主「すまんな」

 

サイン(^^)

ひょんなことから、東京のスピードスターとお会いできた。東京にハマるきっかけとなった選手。

右サイドを子鹿のように駆け上がるサッカー小僧。魅了された。あれから16年?あっという間^^;

 

屈託のない爽やかな青年だった彼は今でも爽やかだった。羨ましい^^;

 

今まで選手からサインを貰ったことはなかった。あまり欲しいとも思わなかった。でも彼は違った。いつかサインして貰いたいと思っていた。

 

やっと念願が叶った。素直に嬉しかった。

f:id:sokotokyo:20190203211738j:image

彼が東京に移籍した当時のユニに、「あの時、背番号36だったから書きますね。」そう言って書いてくれた。

あぁ、そうだった。彼は最初から18番ではなかったんだと、その時思い出した。

最初から18番だったと思い込むほど月日は流れた。人生はあっという間だ。そんなことをぼんやりと考えていたとき、彼は、ではまたと相変わらず爽やかな笑顔で去っていった。

 

いつか彼が東京の監督になってほしいなとぼんやり考えながら彼の背中を見送った。

 

トリ「なに感傷に耽ってるんだよ、オレのごはんまだ?」

f:id:sokotokyo:20190203213205j:image

飼い主「はいはい^^;」

 

トリとパスタ( ̄◇ ̄;)

f:id:sokotokyo:20190202183450j:image

 アジア杯残念でした^^;カタール🇶🇦強かったね、仕方ない。

 

で、トリの近況ですが、ご覧のとおり逞しく生きておりやす(*_*)

 

本当は、こういうの喰わすのはいけなんだけど、そのう症にもならず、普通に元気です^^;

 

トリ「オレは2月生まれらしいから、誕生日パーリーよろしくな」

 

飼い主「知らんがな( ̄◇ ̄;)」

水浴び( ̄◇ ̄;)

f:id:sokotokyo:20190120153628j:image

トリ「ふぅ〜、久しぶりの水浴びはたまんねぇなぁ♪」

飼い主「この時期の水道水、冷たくないのか?(*_*)」

トリ「あのねぇ、お湯で水浴びすると、羽根の脂分が抜けて、トリ的にはよろしくないのよ。」

飼い主「ふーん、それにしても、水浴びするとインコ臭がすごいな( ̄◇ ̄;)」

トリ「オマエも加齢臭に気をつけな」

飼い主「おおぅ(^_^;)」

 

あけおめ^^;

f:id:sokotokyo:20190120040940j:image

トリ「今更あけおめって、オマエ何言ってるんだ」

飼い主「昨日、初詣に行ってきたのだ^^;」

トリ「ふーん、相変わらず呑気だな」

飼い主「だがしかし、今シーズンのSOCIO継続手続きは、既に完了したのだ(^^)例年だとギリギリなんだけどね。」

トリ「オマエのエフシー好きには呆れるよ、どこがいーんだ?」

飼い主「エフシー言うな( ̄◇ ̄;)」